Amazonギフト券で2%ポイントバック

マニュアル撮影のすゝめ、一眼・ミラーレスカメラでより自由度の高い撮影方法を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

初心者向けの記事として以前に「絞り優先」と「シャッター速度優先」のモード設定での撮影方法について記事を書きました。
カメラ初心者はこれだけ覚えればOK!ミラーレス一眼の撮り方/使い方! この記事ではカメラの撮影に慣れてきた人向けに「マニュアル」モードでの撮影方法について説明していきます。
マニュアルモードは設定の細かい調整が簡単にできるため、撮影に慣れてくるとマニュアルモードばかり使いたくなります。
「マニュアル」と聞くと難しいイメージを持つ方もいますが、覚えること自体はたったの3つです。
一度覚えてしまえば撮影の自由度が高まるのでぜひ覚えていってください。
 

マニュアル(M)モードとは?

カメラで撮影時に設定が可能な「絞り」「シャッター速度」を両方とも手動で設定が可能なモードになります。
カメラのモードダイヤルでは「M」と表示されているのがマニュアルモードです。
基本的には「露出計」で写真の明るさを確認しながら設定を調整して撮影を行なっていきます。
マニュアルでの撮影を覚えると、以下のようにシーンに合わせて素早く設定を変えての撮影が可能になります。

「料理を綺麗に撮りたいならF値を開放する」
「動き回る子供を撮るならシャッター速度を早くする」

実際に撮影方法は覚えてしまえば簡単なのですが、これからカメラを始めるような初心者の方はまずは「絞り優先」や「シャッター速度優先」での撮影に慣れてから「マニュアル」での撮影をするとすんなりと覚えられると思います。
カメラ初心者はこれだけ覚えればOK!ミラーレス一眼の撮り方/使い方!  

覚えることはたったの3つ

1.F値(絞り)でボケ具合を調整する

まずは大まかにどのような写真を撮りたいかで「絞り(F値)」を設定しましょう。

F値はシャッターの絞りのことを指します。
絞りを調整することでカメラに取り込まれる光量が調整可能となっており、絞りの設定によって写真の明るさとボケ具合が変わってきます。
F値を小さくするほど、ピントが合う範囲が狭くなるため、周りをぼかした撮影が可能になります。
逆にF値を大きくすると、全体的にくっきりとした撮影が可能となります。

F値の設定
  • 料理や人物を撮影するならF値を小さく
  • 風景や街の雰囲気を撮りたいならF値を大きく
ちょくちょく見かける「絞りを開放する」というのは、F値を最小に設定することを指します。
F値を小さくすればするほど、カメラに取り込まれる光量が多くなるため、明るい写真が撮影可能となります。
使用するカメラのレンズや撮るシーンにもよりますが、「2〜9」らへんの設定が使用頻度が高いです。

にゃー

絞り(F値)でボケ具合の調整ができるんだね
 

2.シャッター速度で明るさを調整する

F値で写真の映りを決めたら次にシャッター速度で写真の明るさを調整していきます。

シャッター速度は「シャッターボタンを押してからシャッターが切れるまで」の速度を指します。
そのため、シャッター速度が遅くなればなるほど、レンズに入る光量が多くなり、明るい写真が撮影できます。

  • シャッター速度が早いと写真が暗くなる
  • シャッター速度が遅いと写真が明るくなる
シャッター速度は「1/〇〇」と表記されており、例えばここが「1/200」の場合は「200分の1秒でシャッターを切る」というような設定になります。
写真が暗すぎる時は分母が小さくなるように、写真が明るすぎる時は分母が大きくなるように設定します
ただし、写真が暗すぎるからといってシャッター速度を極端に遅くすると手振れが発生する可能性が高くなります。

シャッター速度の目安としては、レンズの焦点距離を参考にすると良いとよく言われており、例えば、50mmの単焦点レンズをつけている場合は「1/50」より遅くすると手振れが発生しやすくなるといった感じです。
ただ、体感的にはその基準は結構ブレが発生しやすいので、最低でも1/100〜200には設定したいところです。

にゃー

写真が暗いからシャッター速度を遅くしたいけどこれ以上遅くしたら手振れしちゃう。。。
そういう時はISOを設定してみよう!!

 

3.ISO感度で明るさを追加調整する

シャッター速度で明るさが調整できない時はISO感度で調整してみましょう。

ISO感度はカメラのセンサーのうち光を感知する設定を指します。

ISOの設定
  • ISO感度を上げることで写真が明るくなる
  • ISO感度を下げることで写真が暗くなる
これだけ説明を聞くと、「シャッター速度よりISO感度で明るさ設定した方が楽じゃね?」と思う方もいると思いますが、ISO感度は手軽に明るさを設定できる反面デメリットがあります。
ISO感度の注意点
ISO感度を上げると写真にノイズが発生しやすくなる
そのため、可能な限りISO感度は低く設定しておき、シャッター速度で明るさが調整しきれない場合にのみISO感度で明るさの調整をするようにしてください。
ISO感度をどの値まで上げるとノイズが発生するかはカメラ本体の性能によって異なりますが、3200以下で撮影するのが無難です。
これが高級な良いカメラだと、6400ぐらいまでは全然綺麗に撮影できたりとかしちゃいます。
カメラの価格差はこういう細かいところに出てきたりするんですよね。
また、他のテクニックとしてシャッター速度やISOをそのままに明るく撮影する方法にストロボ撮影というのもあります。
ストロボ撮影は上級者っぽい雰囲気がありますが、ストロボの簡単な使い方もあるため、一つの手法として覚えておくと良いです。
室内撮影時のフラッシュ(ストロボ)活用方法、一眼・ミラーレスカメラで天井バウンスを使いこなそう  

写真の明るさは露出計でチェックしよう

ミラーレスだと、液晶やファインダー覗いたまんまで撮れるので最終露出計みなくても撮れるといえば撮れますが、基本的に写真の明るさは露出計でチェックしながら調整を行います。
露出計というのは、液晶の下らへんに表示されているバーのことを指します。
ここがちょうど「0」に合うようにシャッター速度やISOを調整するのが基本です。
実際にはちょっと明るめに撮ったりするのであくまでも一つの基準ですね。
シャッター速度をグリグリいじって0に近づけて、そこから撮りたい絵になるように明るさ微調整って感じです。
 

まとめ

以上でマニュアルモードでの撮影方法の基本的な部分は完了です。
基本はたったの3つ!
(ISOは奥の手だから実際は2つかな。)
これ覚えるだけで撮影の微調整が自分で行えるようになります。
最初は設定するのに時間がかかって1枚写真とるのに数十秒とか数分とかかかってしまうかもしれませんが、撮っているうちにどんどん慣れてきます。
そこまでくると次は「設定 × 構図」とかに今度ははまるようになります。(経験者は語る)
マニュアル撮影使いこなせるようになると一気にカメラの楽しみ方が増えるのでぜひ習得してください。

マニュアル撮影を覚えるといろんな撮影ができる

F値と焦点距離でボケをマスターしよう!
ミラーレス一眼で綺麗に背景をぼかして撮影する4つのポイント! 玉ボケはボカす技術の応用!
一眼/ミラーレスでキラキラ綺麗な玉ボケを撮影する方法とポイント 夜景撮影のポイントはシャッター速度!
夜景撮影のポイントとは?一眼・ミラーレスカメラでキレイに撮れる撮影方法を紹介! カメラの知識を動画でわかりやすく学ぶならUdemyがオススメ!
初心者にオススメしたい!「一眼レフカメラ入門」Udemyの動画学習の評判・レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA