Amazonギフト券で2%ポイントバック

Macbook Proの急速充電が可能|高スペック大容量モバイルバッテリー「SUPER」レビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

「SUPER」の特徴は何と言っても業界最高クラスの100Wの入出力に対応しています。そのため、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンだけでなくMacbookなどのノートPCの充電にも対応しています。
この記事ではSUPERの特徴や実際にSUPERを用いた充電時間など記載します。
SUPERは2020年11月29日までクラウドファンディングのMakuakeで購入可能です。

https://www.makuake.com/project/super/

※本記事はMadSpace社から商品を提供いただいて記載しています。

SUPERの特徴

26,800mAhの大容量モバイルバッテリー SUPER

高スペック大容量モバイルバッテリーSUPERの特徴に関して紹介していきます。

  • 豊富な入出力ポート
  • ワイヤレスチャージ対応
  • 大容量26,800 mAh / 99Wh でスペックと価格のバランスが良い
  • 高速充電・給電対応

豊富な入出力ポート

SUPERはUSB-C x 2とUSB-A x 2の4ポート
SUPERはUSB-C x 2とUSB-A x 2の4ポート

SUPERには以下の入出力ポートがついています。

  • USB-C PD 3.0 100W 入出力ポート
  • USB-C PD 3.0 65W 入出力ポート
  • USB-A 22W 出力ポート
  • USB-A 18W 出力ポート
  • ワイヤレス 10W 出力パッド

SUPER自体の充電はUSB-Cのみとなっていますが、給電先はUSB-C、USB-Aに加えてワイヤレス給電にも対応しています。
そのため、同時に最大5台ものデバイスに対して給電することが可能となっています。(USB-Cから2台のPCに充電し、USB-Aとワイヤレスパッドで3台のスマホに充電)
仕事で複数の端末に対して充電したり複数人で利用するのに良さそうです。

ワイヤレスチャージ対応

ロゴが入っているところが充電パッド
ロゴが入っているところが充電パッド

SUPERは2つずつのUSB-C/USB-Aの端子に加えてワイヤレス充電に対応しています。

  1. 電源オフの状態で一回電源ボタンを押して、電源をいれる
  2. 電源オンの状態でもう一回電源ボタンを押すと緑色のランプが点灯
  3. ワイヤレスチャージパッドに対応端末を載せると充電開始

ワイヤレス充電は最大10Wの出力対応なのでiPhoneであれば最大速度での充電が可能です。
実際にこんな感じで置くことで充電が可能です。
ワイヤレスはUSB-C差込口の上の5つのLEDの一番左が緑に点灯している時に有効になります。

実際に自宅でワイヤレス充電専用の充電器(Anker
PowerWave)を持っていますが充電速度は変わらなさそうです。
また、自動パワーOFFがついているようでワイヤレス端末を外してしばらくすると電源が落ちるようになっていました。

大容量26,800 mAh / 99Wh でスペックと価格のバランスが良い

13インチのMacbook Proも1.7回充電が可能でiPhoneに至っては8回もの充電が可能となっています。
僕の場合はカメラとかも使っているのでバッテリー容量があるのはいろんなデバイスを持ち運ぶ身からすると非常にありがたいです。
旅行時などはMacbookとカメラとiPhoneは大体持ち運ぶのでこれら3つとも一つのモバイルバッテリーで充電できると考えるとありがたいです。
バッテリー容量自体が大きいものはたくさんありますが他の製品と比較するとバッテリーの容量や入出力の機能、製品の重量のバランスが良さそうに思えます。
SUPER販売サイトのMakuakeでも公式が出している比較表がありますが、自分でも大容量バッテリーまわりを調べて比較してみました。
これを見るとわかりますが、SUPERのスペックと価格のバランスの良さがわかります。

ブランド SUPER Anker PowerCore iMuto RAVPower
容量(mAh) 26,800mAh 20,000mAh 26,800mAh 30,000mAh
容量(Wh) 99Wh 100Wh 96.48Wh
総出力 215W 48W 193W
同時充電 最大出力 140W 48W 138W
USB-C Port.1 100W 入出力 × 100W 45W 入力 60W 出力
USB-C Port.2 65W 入出力 × 60W ×
USB-A Port.1 22W 10W 入力 24W 出力 18W 18W
USB-A Port.2 18W 24W 15W 12W
ワイヤレス 10W × × ×
本体充電時間 1.5時間 1.5時間 3時間
重量 580g 350g 680g 1007.6g
寸法 184.5 x 85 x 25mm 約166 x 58 x 22mm 116 x 81 x 42mm 178 x 138 x 46mm
価格 ¥14,990 (Makuke) ¥3,990 ¥9,980 ¥15,999
大容量モバイルバッテリー比較

大容量系のモバイルバッテリーをいくつかピックアップしたものを表にしています。
これを見るとSUPERのスペックと価格のバランスの良さがわかりますね。

高速充電・給電対応

SUPERは同時に複数端末に高速給電できるだけでなくSUPER自体の充電速度もかなり早いです。
100Wの入力に対応しているため、100W対応の充電器とケーブルを利用することでわずか1.5時間で本体のフル充電が可能です。
1.5時間の充電でiPhoneを11回充電、Macbookを1.7回充電できるようになるのは驚きです。
このSUPER自体の高速充電機能があるため、何とわずか10分間SUPERを充電するだけでiPhoneを1回フル充電ができるようになります。

SUPER本体を10分充電でiPhoneを1回フル充電が可能
SUPER本体を10分充電でiPhoneを1回フル充電が可能

100WのPD対応充電器は現在Makuakeでモバイルバッテリーとセットで購入することが可能です。

SUPERと合わせて買いたい100WPD対応充電器
SUPERと合わせて買いたい100WPD対応充電器

他にも他社でいくつか100W
PD対応の充電器は販売されていますがいずれも5,000円程度の価格帯となっています。

SUPERの外観や付属品等

SUPERのパッケージ自体はシンプルな白い箱で緩衝材に包まれた状態で本体が入っています。

本体の下に付属品のUSB-C to USB-Cのケーブルが入っています。

これでUSB-C対応のノートPCやスマートフォンには急速充電が可能です。

iPhoneなどUSB-CではなくLightning端子に対して充電する場合は別途ケーブルが必要になります。

写真でも伝わっているかと思いますが、アルミの質感が無骨で良い表情です。
SUPERの筐体には航空機やスーツケースにも使用されるアルミニウム合金が使われているようで軽量かつ丈夫な素材になっているようです。
続いてサイズ感などがわかりやすいようにMacbook Pro 13インチと並べて撮影した画像も載せておきます。
横幅は184mmとMacbookよりひとまわり小さいサイズになっています。

SUPERの横幅は18.4cm
SUPERの横幅は18.4cm

Macbook Proと縦に並べるとこのぐらい。何となくサイズ感伝わりますかね。

ちなみにiPhone 12 Proと比較するとこの少しSUPERの方が頭突き出るぐらいの大きさ。

SUPERはiPhoneより縦に長い
SUPERはiPhoneより縦に長い

厚さはMacbookの1.5〜2倍ぐらいの厚さです。

SUPERの厚さはMacbookの約2倍
SUPERの厚さはMacbookの約2倍

重さは580gほどでiPhone 12 Proの約2.5倍の重さになっています。
最初封を開けたときはその大きさと重さに多少驚きましたが、数値で見るとそこまで大きすぎるということもなさそうです。

SUPERの本体重量は585g
SUPERの本体重量は585g

日本語の説明書も付属しており、各ポートの出力規格や操作方法などに関して説明が記載されています。

SUPER説明書の一部
SUPER説明書の一部

実際に使ってみて気づいた点

表面上のスペックや見た目について記載しましたが、実際に使ってみて感じた点などについても記載していきます。
ざっくりと感じたのは以下の点です。

  • 電源ボタン押さなくてもケーブルさせば充電が始まる
  • 充電速度早い
  • 自動で電源OFF
  • 持ち運ぶには多少重たいがスペックからすると小型軽量

電源ボタンを押さなくてもケーブルをさせば充電が始まる

このあたりは定番ですが、便利ですね。
ケーブルだけ指して電源ボタンを押し忘れて充電ができていないといったことが発生しません。
ワイヤレス充電の場合は明示的に電源ボタンを押す必要がありますが、ワイヤレス充電自体があくまでもサポート的な機能(※)になるためここで困ることはありません。

※ワイヤレスと有線での充電だと有線の方が明らかに早いのであえてワイヤレス充電は選ばないという意味合いです。

充電速度早い

そこが売りの製品なので当たり前といえば当たり前ですが、iPhone 12
Proに対して30分間の充電で残量が41%から79%まで38%もの充電ができました。

11:10充電開始時 41%
11:10充電開始時 41%
11:40 充電中 79%
11:40 充電中 79%

※Macbookに対してはまだ試せていませんが、試したものを追記します。

自動で電源OFF

ワイヤレス充電やコードを指して充電していても端末をどかしたりケーブルを抜くだけで自動で電源がOFFになります。
この辺りの細かい仕様が個人的には嬉しいポイントです。

持ち運ぶには多少重たいがスペックからすると小型軽量

ここに関しては個々人の考え方にもよるとは思いますが、最初に手に持った時は結構ずっしりとして持ち運ぶには重たいなという印象を感じました。
ただ、比較の際に他の製品なども調べましたが、大容量で高出力に対応していると普通にこの程度の重さや大きさになるようなのでその点で考えるとSUPERはかなり小型軽量化ができているといえそうです。

※同じ容量の別メーカーだとSUPERより100g重いですし、もう少し容量増えたものは重量が1kgを超えていたりしました。。(SUPERは580g)

ただスマートフォンを充電するだけのモバイルバッテリーとしてはオーバースペックすぎますが、ノートPCに対しても使いたいという方に対してはかなり優れたモバイルバッテリーであると言えそうです。

まとめ

今回はノートPCにも急速充電が可能な大容量高スペックモバイルバッテリー「SUPER」を紹介しました。
大容量なだけでなく100Wの入出力に対応し、モバイルバッテリー本体の充電時間がわずか1.5時間、かつMackbook
Proなどへも急速充電が可能でスマートフォンへのワイヤレス充電も可能。
同程度の容量のモバイルバッテリーと比較すると小型軽量という非常に優れた製品と言えそうです。
一般販売価格が高いのがネックですが、今ならMakuakeで最大40%OFFでの購入が可能です。
ノートPC向けの高性能モバイルバッテリーを探している方のはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA